逆子は早期のお灸が効果的

こんにちは。朝晩が涼しくなってきましたが、日中はまだまだ暑いですね。温度差からか風邪をひかれている方も多いようで、気をつけましょうね。
 
当院では、最近、逆子の治療をされる患者様の来院が増えています。「逆子体操とかしたけれど、なかなかもどらないので・・・」というお声をよく聞きます。
逆子はお灸治療をすることでかなり改善されますが、やはり早期の治療が大切になってきます。特に32週までの治療が大切です。
逆子治療で来院される方は、冷えが強い傾向にあります。その冷えを改善していくことが大切になってきます。お灸は、足・腰を中心に行います。治療回数には個人差がありますが、週に3回程度(毎日お灸をする方もいます。)行います。
 
お灸治療はまだまだ知っている方が少ないですが、逆子と診断されたら、少しでも早く来院下さい。また、ご自宅ではお身体を冷やさないよう気をつけて下さいね。 

関連記事

  1. 京都で食満喫

  2. 継続治療が妊娠への近道

  3. 植村花菜さん、お灸で逆子が戻る!

  4. ご妊娠 ~喜びのご報告~

  5. 体外受精児24人に1人

  6. jaming 二見店でカット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。