逆子のお灸は一日でも早いご来院を!

こんにちは。冬の穏やかな日和ですが、やっぱり寒いですね。

今日は、逆子のお灸について~!
逆子にお灸が効果的であることはご存知でしょうか。最近、インターネットで調べてお灸に来られる方が多いです。ただ、32週以降駆け込んで来られる方が多いように思います。多くの研究報告で、お灸により60%~90%なおると言われていますが、32週以降はなおる率が低下します。
妊娠中期は羊水の量が多いですか、妊娠末期になると減少し、胎児の成長とともに動きが制限され、回転しにくくなります。しばらく様子を見てという方も多くいらっしゃいますが、逆子のお灸は胎児の体位が安定し始める28週目からのスタートがベストです。

当院では、院での治療とともに自宅でのお灸もお願いしております。
自宅でのお灸が大切です。お灸は当院でお渡しさせていただきます。治療回数には個人差があり、週数が多くなると治療回数が増える方が多いですが、どうしようと迷っていらっしゃる方は、一日でも早くご来院下さい。

お花(逆子鍼灸).png

関連記事

  1. 比叡山延暦寺

  2. 尼崎市マラソン

  3. 念願のイタリアン ~さくらぐみ~

  4. 2015年 美容と健康の大熊鍼灸整骨院

  5. クリスマス気分

  6. 慢性的な肩こり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。