妊娠に大敵の冷え

こんにちは。女性スタッフの大熊です。
梅雨になり、スッキリしない毎日ですね。外と室内の温度差が大きく冷え対策が必要ですね。

本日初めてご来院の20代後半の女性の方。生理痛が強く、妊娠を希望しており、お身体を改善したいというご希望でした。

お腹を触ってみるとかなりの冷たさ。触ってみて冷たさを感じる状態は、冷えが身体の奥に及んでいる可能性が大!お腹と腰の冷えは妊娠にとっては大敵です。血行不良となり、思うように機能を果たせなくなります。
寝起きがすっきりしない、朝から身体がだるい、生理痛が強い、よく風邪をひく、肩こりや腰痛がある、足がむくむといった症状はございませんか。

手足だけでなく、お腹や腰を軽く触ってみて下さい。冷たく感じる部分がありましたら、妊娠に大切な子宮や卵巣・骨盤の血流や循環を滞らせてしまっている可能性があります。

鍼灸治療で鍼を行い、お灸で身体を温めることで、血行を良くし、流れを整えることができます。体調が良くなっていくことを感じていただき、心身ともにスッキリして、妊娠力をアップさせましょう。

ajisai.jpg

 

関連記事

  1. 卵子の老化

  2. 嬉しいご報告~43歳の方のご妊娠~

  3. 2015年 美容と健康の大熊鍼灸整骨院

  4. 継続治療が妊娠への近道

  5. 子宝鍼灸は数ヶ月前からスタートしましょう!

  6. 嬉しいご報告:2014

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。